初心者向け!アブダビGP情報館

アブダビでのレース観戦に関するウェブサイト

フォーミュラカーのレースのGPはアブダビで行われる場合があり、またそのツアーも存在しています。レース観戦ができるだけではなく、周辺にある観光地へ訪れることが日程として組み込まれているツアーもあります。当サイトはアブダビにある人気のスポットをランキングの形で掲載しています。

どのスポットが人気であるのかを把握することができますし、スポットの比較も可能です。それだけではなく、グルメなどの情報も掲載されているので、食事を楽しみたいという人もおすすめできます。他にも実際に行ったことのある人のレビューやツアーの楽しみ方が記載されています。

レース観戦におけるマナーや注意事項も書かれているので、あらかじめチェックしたいという人にとっても便利です。アブダビで行われるGPに関する情報を知りたいという人やマナーを確認したいという人は当サイトをご利用ください。

WORLD SPORTS TRAVEL

POINT

4つ星のホテルで宿泊しながら観戦
ピットウォーク参加がプランニングされている
サーキット場までは送迎車が用意されている

F1のアブダビGPは中東のリゾート都市の市街地コースを利用して行われます。WORLD SPORTS TRAVELのツアーでは4つ星のホテルを用意してくれているので、レース観戦はもちろんですがリゾート気分も味わいながらの旅行が可能です。

F1観戦ではレーシングカーが走行するシーンを見るのも楽しいですが、そのレーシングカーを間近で見たいと考えることもあるでしょう。WORLD SPORTS TRAVELが用意するアブダビGPはピットウォーク参加がツアーに含まれています。

F1グランプリを観戦するにはサーキット場などに行く必要があり、アブダビGPは海岸近くの市街地をコース化して開催されます。WORLD SPORTS TRAVELで用意してくれるホテルから会場までは送迎車が用意されているので、移動に苦労しません。

H.I.S.

POINT

厳選したこだわりの観覧席を用意
客室、サービス、すべてがラグジュアリーな極上ホテルに滞在
充実の観光内容で、ドバイを満喫できること間違いなし

F1アブダビGPを余すことなく楽しむために、H.I.S.は人気のスタンド席から厳選した指定席を用意しました。広範囲が見渡せるSOUTHスタンドのUPPER階最上段エリアと、大人気チーム「Mercedese」「Ferrari」両チームが観られるガレージ前スタンドエリアの2種類で、どちらも思いきり観戦が楽しめます。

滞在先のホテルは、モダンなモロッコ風の内装と広い客室が魅力のモーベンピック・イブン・バトゥータ・ゲートと、世界一の高層ホテルで夜景を楽しめるJWマリオット・マーキースを用意しました。F1観戦と観光に便利で、滞在中退屈することはありません。

6日間コースはピットウォーク観光付きで、普段は行けないピットレーンなどがゆっくり見学できます。また、世界中から参拝者が集まるグランドモスクにも訪れます。昼とは別に夜のライトアップも見学でき、神秘的なモスクの雰囲気が味わえます。

日通旅行

POINT

ヤスマリーナサーキットへは専用車で移動
モスクやアミューズメントパークなど観光の時間もたっぷり
滞在ホテルはショッピングに便利なアルバーシャ地区

ドバイ・マリーナ地区からヤスマリーナサーキットまでは日通旅行の専用車が利用できます。観戦席はノースグランドスタンド、サウスグランドスタンド、メイングランドスタンドを用意しました。サーキット内ではシャトルバスの運行もあり、滞在中はストレスなく快適に移動できます。

スケジュールには、ドバイ市内半日観光や世界最大級のシェイクザイードモスク訪問など観光も含まれています。また、サーキット周辺にはフェラーリワールドやヤスマリーナモールもあり、アブダビGP以外にも楽しみが盛りだくさんです。

ホテルがあるアルバシャ地区はモールオブエミレーツやアトラクション施設のスキードバイなどがあり、ショッピングにもアクティビティにも便利なエリアです。滞在予定のホテルは、ダブルツリーバイヒルトン、ヒルトンガーデンインモールオブエミレーツ、ノボテルアルバシャのいずれかで、サーキットまで高速道路でスムーズにアクセスできます。

パーパスジャパン

POINT

希望に合わせて観戦チケットの手配が可能
ホテルの変更や延泊などのアレンジが可能
F1観戦以外の時間も自由にスケジュールが決められる

ピットが見えるメインスタンドやコースの広範囲を見渡せるサウススタンドなど、5つのグランドスタンドの中から希望に合わせた観戦チケットが手配できます。初日のフリー走行から最終日の決勝レースまで、思う存分アブダビGPを堪能することができます。

宿泊予定先のホテル変更またはアップグレードや、延泊・減泊も可能です。また、成田発のツアーですが地方発着のフライトも手配できます。旅行スケジュールのアレンジが自由なのも、パーパスジャパンの特徴の一つです。

旅行スケジュールは基本的にフリープランです。ヤスマリーナサーキットは大型ショッピングモールやフェラーリ・ワールドが隣接するリゾート施設になっており、F1観戦以外の時間を利用して観光やショッピングを楽しむこともできます。

F1エクスペリエンス

POINT

希望のオフィシャルチケットパッケージを選べる
観戦エリアやシートの詳細を見ながら選べる
ヨットからの観戦オプションを選択できる

旅行をするときには予算もそれなりに考える必要があり、それぞれの希望に応じたプランを選ばないといけないでしょう。F1エクスペリエンスではアブダビGPのオフィシャルチケットパッケージを希望の価格帯から選択可能です。

初めてF1のアブダビGPを観戦する人はどこにどんな観戦エリアがあるのか、どう見えるのかなどが分からないでしょう。F1エクスペリエンスであれば各観戦エリアの詳細情報や写真情報があるので、それを参考に選ぶことができます。

アブダビGPは基本的には所定の観戦エリアから観戦しますが、ヨット上からの観戦も可能になっています。F1エクスペリエンスではヨット上から観戦できるアラカルトオプションを用意してくれているので、いつもと違う観戦ができるかもしれません。

レーシングワークス

POINT

希望のスタンドでの観戦も手配してもらえる
サーキット内外が徒歩圏の宿泊施設を利用
日本語ができるアシスタントがチェックインで対応

F1GPは世界で行われているカーレースの一つで、アブダビで開催されるレースもあります。レーシングワークスでは基本的なスタンドでの観戦も可能ですが、好みのスタンドがあるならオプションで選択することが可能です。

F1GPが好きな人は一つの開催地において何度もサーキット場に足を運ぶでしょう。レーシングワークスが用意するアブダビGPのプランではサーキット内外を徒歩圏で移動できる宿泊施設が利用できます。非常に観戦がしやすくなるでしょう。

ホテルや空港でのチェックイン、チェックアウトでは英語ができないと苦労するかもしれません。レーシングワークスが提供するアブダビGPのツアーではホテルや空港のチェックインやアウト時に日本語アシスタントが付いてくれます。

他のことも楽しめるアブダビでのツアーと観戦におけるマナー

アブダビでのフォーミュラカーのレース観戦の場合はレースを見ることができるだけではなく、他のことも楽しむことが可能な場合があります。その理由はGPのツアーで周りにある観光地へ行くことも予定になっている場合が多いからです。例を出すと夜景を見るということであり、これはレースをするのは夜となっているのが理由だとされています。従って、レースを見ることに興味がある人はもちろんのこと、そうでない人も楽しむことができるのではないかと思われます。ところで、レースを観戦する場合においてもマナーは存在しているので、自分の行動が迷惑行為にならないようにすることが大切だと考えられます。マナーは複数存在していますが、その中の一つに荷物をどこに置くのが適切であるのかということが挙げられています。

レースを観戦する際にバッグを所持している人は存在すると思われますが、所持しているのであれば置くところに関して注意することが大切です。空席が多いのであれば、自分の座っているところの隣に置いても差し支えはないと言えます。しかし、混んでいる場合や指定になっている場合は隣ではなく、足元や膝の上に置くようにします。コインロッカーがあるので、それを利用するというのも一つの手だと考えられます。観戦席において傘をさすのは迷惑だとされているので、止めておくのが賢明です。雨が降っているのであれば合羽を着用し、太陽光を遮りたいのであれば帽子などを用いるようにします。贔屓にしている選手を応援するためにフラッグを振る場合においても、視界の邪魔にならないよう注意することが重要です。

場所取りを行うのは基本的に禁じられていますが、全てが禁じられている訳ではないです。ただ、行ってはいけないものも存在するので、それを理解することが大切だと言えます。予選などをしている状態でトイレに行って素早く戻るというケースなどは構わないとされています。反対に行ってはいけないものは、席を複数掛け持ちをする行為やメインのレースのみを見る目的で行う場所取りなどが挙がっています。禁じられている訳ではなくとも、迷惑になるような場所取りは行わないようにすることが重要です。上に記述したもの以外にも、立って観戦するのは禁じられていることなどのマナーが存在しています。他の観客の迷惑になるという事態を防ぐために、あらかじめ守るべきマナーを知った上でレースを観戦することが大事だと思われます。

カテゴリー